中古車の上手な売り方

販売不振が続く三菱が活路として見出しだのは電 気自動車=EVたった。特徴的なデザインが自慢の 軽自動車アイをEV化して量産車「 i-MiEV(アイミーブ)として売り出したのである。  モーターならではの強大なトルク、バッテリーの 重さで嵩んだ車重が幸いした軽らしからぬ垂厚な乗 り味など、個性ある走りを楽しませてくれる。問題 はEVとしての使い勝手。航続距離はカタログ数値 で160qでしかなく、実際にはもっと短い。エア コン使用時では約半分と思っていいほどだ。  しかも頼りは電池残量と残り走行距離数のメータ ー表示だけ。これも走り方で大きく増減するから安 心して出掛けられない。そうした使い勝手への配慮 が無ければ今あるクルマの代わりにEVを導入する のは厳しい。今度、三菱がその辺りの環境をどう改 善していくかにアイミーブの将来はかかっている。
車買取相場